石川県立歴史博物館

展示案内

時代で巡るいしかわの工芸展 「珠洲古陶-その歴史と美-」

趣 旨

珠洲秋草文壺 県指定文化財 本館蔵

珠洲焼は、平安時代末期の12世紀に誕生した能登を代表する中世のやきものです。それは、古代須恵器の「燻(くす)べ焼き」と呼ばれる焼成技術を受け継ぐことから「中世の須恵器」とも言われ、灰黒色に焼しめられた堅牢で堂々とした豪快な造りと、櫛目文などのゆかしい装飾を駆使する様式美に特徴があります。

その製品は、人びとの生活に欠かせない壺(つぼ)・甕(かめ)・擂鉢(すりばち)を主力商品にして北東日本海沿岸域に販路を広げ、太平洋側の常滑・渥美(あつみ)焼と商圏を二分しました。しかし、戦国時代の15世紀末には、その主役の座を越前焼にとって代わられ忽然と姿を消しました。

本展では、そうした活力に満ちた珠洲古陶の歴史と美の系譜を辿るとともに、その再興に取り組む現代作家の作品も展示し、工芸王国石川の一翼を担ってきた「やきもの史」の一端を紹介します。


展示構成

第1章珠洲焼誕生
第2章珠洲焼の装飾美
第3章極楽浄土を求めて
第4章古陶再興

主な展示資料

石川県指定文化財珠洲秋草文壺本館蔵
石川県指定文化財珠洲樹下鳥禽文(じゅかちょうきんもん)壺本館蔵
石川県指定文化財珠洲鳥樹文(ちょうじゅもん)小壺本館蔵
 珠洲車輪文壺珠洲市立珠洲焼資料館蔵
 珠洲刻銘経外(こくめいきょうがい)容器愛知県陶磁資料館蔵
 珠洲五輪塔小塔愛知県陶磁資料館蔵
 名立(なだち)沖揚珠洲焼群上越市教育委員会蔵


  • 珠洲樹下鳥禽文壺 県指定文化財 本館蔵

  • 珠洲鳥樹文小壺 県指定文化財 本館蔵



会 期
2019年11月17日(日)~2019年12月15日(日)  
時 間
9:00~17:00(展示室への入室は16:30まで)  
休館日
会期中無休 
会 場
特別展示室  
観覧料
一般300円(240円) 大学生240円(190円) 高校生以下無料
※(  )内は20名以上の団体料金、65歳以上は団体料金
※石川県立美術館・石川県立伝統産業工芸館・金沢市立中村記念美術館のいずれかの半券提示で団体割引(11月22日~12月15日)
 
関連イベント
記念講演会「王朝の美・秋草文壺の世界」詳しく見る
 
主 催
石川県立歴史博物館
特別協力
珠洲市立珠洲焼資料館
後 援
北國新聞社
石川県立歴史博物館〒920-0963石川県金沢市出羽町3-1TEL 076-262-3236FAX 076-262-1836
© ISHIKAWA PREFECTURAL MUSEUM OF HISTORY.All rights reserved.
TOP