石川県立歴史博物館

展示案内

企画展Ⅱ「いしかわの食 QUESTION」

鶴竿掛け図

 日本海に囲まれた能登。霊峰白山にいだかれた加賀。南北に細長くのびる石川県では、それぞれの地域の自然環境や歴史に応じて、さまざまな食文化が生み出され現在に受け継がれています。本展では当館所蔵品などを通し、縄文時代から現在にいたる石川県の食の歴史を「れきはく」ならではのユニークな視点から見つめます。


主な展示品
 ・杉谷チャノバタケ遺跡出土
  粽状炭化米(ちまきじょうたんかまい)
 ・上杉謙信書状
 ・前田綱紀書状


展示解説
 3月10日(木) 13:30~14:30  当館学芸員
 ※要観覧料、事前申込み不要


展示構成

  •  ・ 食の道具あれこれ
  •  ・ 歴史上、もっとも有名な石川グルメとは?
  •  ・ 消えたいしかわの食文化
  •  ・ 外国との交流
  •  ・ 食文化を伝える
  •  ・ お菓子? オモチャ? 縁起物?
  •  ・ 兼六園グルメの歴史
  •  ・ これって、「いしかわ」だけだった!
  •  ・ 城下金沢の食風景 など

鶴竿掛け図



会 期
  会期中無休
時 間
9:00 ~ 17:00 ※展示室への入室は16:30まで  
会 場
企画展示室  
観覧料

一般 300円(240円)  大学生 240(190円)  高校生以下無料

※(  )内は20名以上の団体料金、65歳以上は団体料金


 
石川県立歴史博物館〒920-0963石川県金沢市出羽町3-1TEL 076-262-3236FAX 076-262-1836
© ISHIKAWA PREFECTURAL MUSEUM OF HISTORY.All rights reserved.
TOP