石川県立歴史博物館

企画展
「珠洲古陶の技と形 -珠洲焼コレクション展-」

企画展は終了しました。

 珠洲焼は、平安時代の終わり頃から室町時代までの約350年間にわたって能登半島でつくられ、日本海を通じて東北地方や北海道にも流通し、生活道具や宗教用具として広く使われていました。
 今回の企画展では当館が誇る珠洲焼のコレクションを展示し、珠洲焼の巧みな技法とそれによって生み出された独特な陶芸美を紹介します。

◆ 主な展示品
 石川県指定文化財「珠洲秋草文壺」(鎌倉時代)
 石川県指定文化財「珠洲鳥樹文壺」(室町時代) など 総数約40点
 *一部の資料はこちらからご覧いただけます

珠洲秋草文壺(拡大)
[石川県指定文化財]

珠洲鳥樹文小壺
[石川県指定文化財]

珠洲木葉文瓶子



会 期
  企画展展示は終了しました。
時 間
企画展展示は終了しました。  
休館日
企画展展示は終了しました。 
会 場
企画展展示は終了しました。 
観覧料
企画展展示は終了しました。 
石川県立歴史博物館〒920-0963石川県金沢市出羽町3-1TEL 076-262-3236FAX 076-262-1836
© ISHIKAWA PREFECTURAL MUSEUM OF HISTORY.All rights reserved.
TOP