刊行物

『冷泉家の歴史と文化』

図録『冷泉家の歴史と文化』
改訂価格 200円
定価 1,000円
B5判 50ページ

八百年におよぶ秘蔵の封を解いた京都・冷泉家は、藤原道長からつながる和歌の家である。伝来の古文書・典籍は「文書の正倉院」とも言われ、文学や政治史の研究には極めて貴重な資料であり、国宝・重要文化財に指定されるものが相次いでいる。地方での資料展示はこれが最初となる。

≪内容≫

開催にあたって

凡例

出品目録
国宝4点(『古今和歌集』など)
重要文化財12点(『明月記』など)他